2種類の睡眠の大切な役割とは

こんにちは。

京都市西京区 阪急上桂駅前 あやた接骨院 院長の綾田剣一です。

 

 

2種類の睡眠の役割についてお話をさせていただきます。

 

レム睡眠ノンレム睡眠という2種類の睡眠があります。
レム睡眠は、急速眼球運動(Rapid Eye Movement)のアルファベットの頭文字をとってREM
から名づけられています。

レム睡眠の時には、まぶたの下で眼球がキョロキョロと動いています。

 

ノンレム睡眠はレムでない睡眠(Non-REM)という意味から来ています。

 

レム睡眠は、脳は活動していますが身体の力は抜けています。

ピクピクとまぶたが動いたり、夢を見たりしています。

 

ノンレム睡眠は深い眠りで、脳を休ませるための睡眠です。

 

一晩の睡眠中に、レム睡眠-ノンレム睡眠が、ひとつの睡眠単位となっていて、

朝方までに、この睡眠周期を4~5回繰り返します。

ひとつの周期は人によって約70~130分という幅があり、平均約90分です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

人間ではわかりにくいですが、 猫の寝姿ではレム睡眠-ノンレム睡眠どちらの状態にあるかがわかりやすいです。

レム睡眠ではぐったりと体の力が抜けている状態になり、ノンレム睡眠ではある程度、筋緊張が残っています。

いわばレム睡眠は「ぐったり寝ている」

ノンレム睡眠は「ぐっすり寝ている」と言えます。

 

 

院長 綾田剣一は(社)日本睡眠教育機構認定の上級睡眠健康指導士です。

睡眠について学術的な睡眠知識に加え、科学的な知見に基づき

睡眠に関するアドバイス等を行っております。

ご相談は下記までご連絡ください。

 

 

【 京都市西京区  阪急上桂駅より徒歩1分 接骨・整骨 鍼治療 肩こり・頭痛なら あやた接骨院 】

本日施術をご希望の方は今すぐ、℡ 075-393-5436 までお電話ください。

あやた接骨院は、完全予約制のため一日に施術できる患者様の人数が決まっております。

お電話で予約をしていただくようお願いいたします。

℡ 075-393-5436

当院では、健康保険適用の急性の外傷(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷)以外の肩こり、頭痛、慢性腰痛、不眠などは自費施術です。

【 受付時間 】

月~金 8:00~20:00

土 8:00~12:30

日・祝 ・土曜日午後休院

エキテン http://s.ekiten.jp/shop_1559031/

インターネット予約
電話予約