至人(よしと・院長の息子)のフラメンコギター修行の旅 スペイン放浪記です。


中学時代からの夢であったスペインでのフラメンコギター修行。
 

出発前日に大学に学割証明書をもらいに行った帰りに交通事故に遭い、
足を7針も縫うケガとをして出発を1週間延期し最初から波乱万丈です。

 

2週間に1回ほど更新の予定をしています。
楽しみにしていてください。

 

 

 
 
 

 へレス中心部

スペインで最初に滞在した街はアンダルシア州カディス県にあるヘレス・デ・ラ・フロンテーラという小さな田舎街でした。

この街はシェリー酒の原産地として有名です。
 
 

また馬術やフラメンコでも有名な街でもあります。

街のいたるところにシェリー酒の貯蔵庫があり、バルでも昼からシェリー酒を飲んでるおじさんがたくさんいます。
 

 シェリー酒 Tío Pepeの製造場

 

中心から少し外れたところには王立馬術学校があり定期的に馬術ショーもやっています。

 

 王立アンダルシア馬術学校

 
またフラメンコの観れるタブラオという様な居酒屋や、フラメンコ愛好家の集まるペーニャと呼ばれるバルも数多くあります。

ヘレス には約2週間ほどの滞在でしたが、ちょうどその時期はフェスティバル・デ・ヘレス といって年に一度のフラメンコの祭典をやっていました。
 
 

ヘレス出身の有名なフラメンコの歌い手、踊り手、ギタリストがヘレスの劇場やバルや色んなところでステージをしていました。
 

普段は日本に来ることの無いようなフラメンコ界の重鎮達が目の前で歌っているのを見る事が出来て大感激でした。

本場のフラメンコのコンパス(リズム感)や空気感には圧倒されます。
 

 タブラオ (フラメンコが観れる居酒屋)”El Psaje”
 

それにしてもスペイン人はみんな夜遅くまで起きています。晩御飯を食べるのも午後9時~10時です。

日本とスペインの生活習慣では約2時間ほどの時間のズレがあります。

ヨーロッパで一番西にある国なので日が沈むのが遅いせいもあるのでしょう。
 
 
 

あるアーティストのステージが夜の12時からあり、その時点で日本ではあり得ない事なのですが、結局前のステージが長引いてそのステージが始まったのは深夜1時過ぎでした。

それから3時ぐらいまでステージは続きました。

それでもスペイン人達は大盛り上がりでした。
 
 
 

ネット予約はこちら↓

インターネット予約

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【初回料金】
 初診料2,000円 + 施術料6,000円 = 8,000円(税別)

【2回目以降】
 一律 6,000円(税別)

各種クレジットカードをご利用いただけます
Visa・MasterCard・JCB・American Express・Diners Club
Discover・SAISONCARD 対応
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

【受付時間】
月水金 8:00~12:00 14:00~20:00
火・木 8:00~12:00 16:00~20:00
土・祝 8:00~12:00

【休院日】
日曜日・土曜日午後・祝日午後
 
 

【京都市 西京区 右京区 南区 向日市 長岡京市 接骨・整骨 鍼灸・腰痛・肩こり・不眠・頭痛なら あやた接骨院・あやた鍼灸院】
 

インターネット予約
電話予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です